2006年01月23日

孤高な戦士に学ぶ

実を言うと相撲が好きだ。
別に熱心なファンではないのだが、
物心付いたときから見続けているからだろうか。
場所が始まると気になってしまう。
一種の刷り込みといってもいいかもしれん。

思えば俺が始めて憧れた人間は
千代の富士かもしれない。
幼いながらにも奴の強さには度肝を抜かれていた。
小さいが彫刻の様な肉体で、
でかい大乃国を投げ捨て、
気の弱そうな北天祐をいなし、
同じ横綱の旭富士にも何もさせなかった。
誰も掴めず、土も付かないため、
あのどす黒いまわしを8年間も変える必要がなかった。
こないだ引退した寺尾も、
千代の富士だけは別格に怖かったらしい。
貴乃花(当時は貴花田だったか)に負け、
「体力の限界」と引退したときに、
当時俺はまだ中学生だったが、
「大相撲は終わったな」
と、切に感じたのを覚えている。
そしてその予感は見事に的中した。
(巨人が落合を取ったときも同じ気持ちを味わった。
こちらの予感も見事に的中した。)

千代の富士がなぜ俺の憧れになったのか?
ずば抜けて強かった事。寡黙で、怖い格闘家だったこと。
今の朝青龍を見ているとそれだけじゃ駄目だって事が良くわかる。
「千代の富士にはライバルがいた」ってことだ。
優勝を争うような他の横綱や大関をなぎ倒して
全勝で優勝をかっさらう。
千代の富士の優勝には誰もが口を挟む余地がなかった。
(昔は全勝優勝がほとんどだったような気がする。)
そしてその強さにみんなが酔いしれたんだ。

今日本に朝青龍ほど「孤高」という言葉が似合う漢はいない。
圧倒的な強さを誇り、間違いなく大相撲ってもんを
体現している横綱なんだ。
だけどその相手になる奴が角番を行ったりきたりしている
ふがいない大関だけなんだ。
勝つのが当たり前のようになって、
今じゃ負けた番狂わせのほうが盛り上がるって
状況になっちまった。
強い力士の登場を望んでいるのは
相手もなく、勝って当たり前という状況の中での
7場所連続優勝、(しかも年間完全制覇!)
という前人未踏の偉業を成し遂げたこの
名横綱自身だと思われる。
完全制覇というでかい目標を達成した後の今場所。
4敗を喫して優勝を逃した事で俺は思った。
朝青龍は既に他の力士との勝負ではなく
自分自身と戦ってる。と
彼の相手は目の前の力士ではなくて
自分自身で掲げた目標なんじゃないか?
そりゃ年間完全制覇したら気も抜けるわな。と
勝手に解釈しているところですが。
一人相撲って言葉があるけど、
まさに朝青龍の事だと思いませんか。
ううむ、あまりにも惜しいですな。
今の相撲界の状況を見てみても、
琴欧州や(まあこいつは強いけど、)
高見盛、その他水戸泉を真似て塩をたんと撒く
輩等々、勝負の世界から関係ないところで
盛り上がっているみたいだから
いっそのこと、朝青龍にはどこぞの横綱とは違い、
現役バリバリの内に、相撲から格闘技に転向して、
相撲最強説の確立に努めて欲しいと
個人的には切に願うところであります。

ちなみに今は安馬という力士を応援しています。
こいつはちいさいのに、でかい力士に真っ向勝負っていう
とってもスパルタンなおすもうさんです。
見ていて気持ちが良いのとあわせて、
最近強くなってきて楽しみですな。

久々の更新でしたが
とてもディープな独りよがりになってしまいました。
またみてね。



posted by ノリ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

雪が多い年ですが。

2ヶ月近く更新せずにいちゃった。
それでも何事もなかったかのように再開しますが。
今日のところはちょこっと近況でも報告しときます。
まあ、自分のやっている事はぜんぜん変わらないんだけど、
とにかく仕事がきつい。
仕事がきついって言うよりも時間がたりん。
仕事を片付ける量よりも増えていく量のほうが
多いもんで結構へこみますな。
まあ、自分の要領が悪いと思って、って
片付けられるかい!
誰かオイラに力をください。

こんな感じで、ブログを更新しないのは、
一日パソコンとにらめっこして、笑えもせず、
家に帰ってまで、パソコンの電源を入れたくないんですよ。
けどなんか今日吹っ切れた感じです。
これからはチョコチョコ更新してきたいと
今は思っているところですが。

しかし、今年は雪が多くて大変みたいですな。
雪が多い。雪山が呼んでおるみたいじゃのう。
しかし、だ。
今年自分にとって一番変わった事といえば、
雪が降ってもぜんぜん楽しくないって事。
実を言うと、今年は一回もスキーやスノーボードを
していないんだ。
ここ十年近く、冬といったら週の大半はどこぞの
スキー場で過ごしてきた。
思えば前の造園業を選んだのも、
冬は仕事がなくて毎日が滑りほうけだぜっ!
という非常に純な心意気から選んだ仕事だった。
冬という季節はいわば俺のアイデンテティーの一つであった。
だけど今現在、冬というものがただの四季の一つに成り下がっちまった。

もちろんこれは本意ではない。

毎日、通勤の途中で真っ白にたたずむ雪山を見て
「滑りに行きてえなぁ」
と思う。
だけどそれを今はできないのだ。
去年の夏。仕事を変えた。
遥彼方に、一つ目標をすえた。
strike campも続けていこうと決めた。
今まで以上にいいものを作りたいと思っていた。
そしてそれは今も変わらない。

しかしそんなにうまいこと事は進まないもんで、
残念な事に気づいてしまったんだな。
「雪山を楽しむ余裕がないじゃないか!」

とりあえず、雪山を質にいれた。
が、来年の冬は、倍返しで取り戻すつもりでいる。

久々の更新でしたが、なんか非常に自己啓発的な
感じになってしまいました。
すみませんでしたね。
これからはちょくらちょくら更新してきたいと思って
おりますので、お付き合いしていただけたら幸いです。

遅ればせながら皆様、
「本年もよろしくお願いいたしますぞ!」

posted by ノリ at 06:21| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。