2007年06月10日

男の料理

こないだかみさんと喧嘩したお詫びと言うわけじゃないけど、
昨夜、今夜と夕飯を作ってみた。

元々、料理は嫌いではない。
だけど、作る以上に作ってもらうのが好きな訳で、
結婚してから自分が食べたくてチャーハンなんかは
作ったりもしたが今回、初めて家族の為に料理をした。

昨夜はとりあえずカレーを作ってみた。
不味いカレーを作ることは非常に難しいからだ。

とりあえず今まで聞いたことがある
カレーに対しての知識を総動員して作ってみた。
シンプルが一番、にんじん・ジャガイモ・たまねぎ・豚肉の
普通のカレーだ。

これが自分で作ったことも手伝って絶品だった。

作り方を紹介します。

まず材料を包丁で切る。
俺は具がでかいカレーは食いずらいので嫌なため、
少し小さめに切った。
包丁を使うのは楽しい。

次にたまねぎをごま油で飴色になるまで炒め、
その次に豚肉を炒める。
ここで黒胡椒を多めに振りかけておく。
肉の色が変わってきたら順次野菜を入れて飽きるまで炒める。
本当はにんにくのみじん切りを入れたかったんだけど、
うちの家族は俺以外、休み前以外はにんにくはご法度なので
長ネギのみじん切りを一本入れた。

次にその鍋に多めにお湯を入れて
弱火でコトコトと煮込みます。
このときに一滴も残さないようにアクをすくう事を
面倒くさがらず行う。

さて、にんじんを一つ取り出して程よい歯ごたえに
なったことを確認したらいよいよ味付けに入る。

市販のカレールーを使えば不味いカレーはできっこない
という確固たる自信の元、思いついた限りの
調味料、食材をブッこんでみた。

まずカレールーだけど今回は
「こくまろ辛口」「ジャワカレー辛口」「ディナーカレー辛口」
この三つをスペシャルブレンドした。
とりあえず薄めに味付けをして
後は考え付くまでに調味料をブッこんだ。

オールスパイス・ターメリック・チリペッパー・七味唐辛子・SBカレー粉・バジル・オレガノ・豆板醤・オイスターソース・鶏ガラスープの素・ほんだし・山椒・ダノンヨーグルト・バター・蜂蜜・ネスカフェエクセラ・昆布茶・マヨネーズ・生姜・山葵・デルモンテ野菜ジュース・キリンラガービール。

これだけ入れば充分と言うまで目に着いた限りのものを
鍋にぶち込んで、最後にもう一度カレールーで味を調えて
カレーが完成した。

辛いものに目が無い俺が作ったので少し辛くしすぎたらしく、
授乳中のかみさんには不評だったけど、辛いものが好きな兄には
とても好評で鍋一杯に作ったけど今朝には全て売り切れた。

カレー作りってすごく楽しい。

今夜は昨日の教訓を生かして辛くないマーボー豆腐を作った。
色々コツはあるだろうけど一番のコツは
チャイニーズペッパー(中国の山椒)を使うことだと思う。
今日はかみさんにも好評で作った甲斐があった。

たまにする料理は楽しい。
美味しいと食ってもらえたら最高だ。

だけど、毎日料理を作るってことは大変なことだ。
献立を考えて、栄養のバランスを考えて、予算だってあるだろう。

俺はかみさんの料理を何気なく食べていた。
「美味しい?」と聞かれたら、
「普通。」と答える愚か者だった。

これからは美味しく作ってもらった料理には
ちゃんと自分から「美味しい。」と言いたい。







posted by ノリ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 15:19


Excerpt: オールスパイスオールスパイス(allspice)は、フトモモ科のピメント(pimento、学名''Pimenta dioica Merrill'')の果実または葉で、香辛料として用いられる。クローブに..
Weblog: この香辛料の意味を探る
Tracked: 2007-09-14 19:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。